So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク




共食い あらすじ ネタバレ [共食い あらすじ ネタバレ]

共食いのあらすじをネタバレありで書いていきます。
昭和63年、山口県下関市の「川辺」と呼ばれる場所が舞台になっている。
父親とその愛人と3人で暮らす高校生の遠馬は、性行為の際に相手の女性を殴るという
粗暴な性癖をもつ父親を忌み嫌っていた。
しかし、17歳の誕生日を迎えた日、幼なじみの千種と初めて交わった遠馬。
自分にも粗野な父親と同じ血が流れていることを自覚させられることに・・・・
暴力的なセックスをためそうとして千種とけんかをしてしまう。

そしてここからがネタバレなのでご注意ください。

台風がちかづいて町が水にのまれていたとき、父親の愛人・琴子は逃げるようにでていってしまった。
お腹には父親の子を宿していた・・・・。
怒った父親は、遠馬と仲直りするために森の中で待っていた千種を乱暴する。
傷ついた千種をみた遠馬は、父親を殺そうと思い立ち向かおうとするが、
母親に止められる。
そして、母親が父親を刺し殺す現場をみてしまう・・・・・。
その翌日、母親は逮捕される。

遠馬は面会にいきます。なにかいるものはないかときくが、
母親はなにもいらないという・・・・。



原作↓

【送料無料】【集英社ナツイチ_ポイント最大5倍】共喰い [ 田中慎弥 ]







スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
内臓脂肪とは

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。